成年後見制度について-行政書士 井田ゆみこ行政書士事務所-

トップ > 成年後見制度について

成年後見制度について

成年後見制度は、平成12年4月から始まりました。

この成年後見制度は、法定後見任意後見の二つがあります。
法定後見は、本人の判断能力が低下してから家庭裁判所に申し立てます。
任意後見は、本人の判断能力がまだ十分なうちに予め任意後見人を選任して契約しておきます。この契約は必ず公正証書で行います。

ここでは、任意後見についてもう少し掘り下げてみます。
任意後見人は、身内でも又、私達行政書士などの専門家でもなれます。
法律で、ふさわしくないと定められている事由がない限り成人であれば 又、法人でもなれます。
誰にするかは、本人の選択に委ねられています。

任意後見人の職務は、財産管理と生活療養看護の事務です。
細かい内容については、公正証書の中で本人と話し合って決めていきます。

そして、この任意後見契約は本人の判断能力が低下してから家庭裁判所に申し立てをし 任意後見人の監督をする任意後見監督人が選任されてから効力が発生します。


*最近では、本人が延命治療を希望しない場合など、尊厳死の内容を任意後見契約に記載したりします。一層明確にしたい場合は尊厳死宣言公正証書を作成し その実現を任意後見人に託すこともできます。又、任意後見制度が始まる前に不安な方には、"見守り契約"を、死後の事が心配な方には "死後委任契約"などセットで契約する方もいらっしゃいます。
任意後見制度をお考えの方、お気軽にご相談下さい!!